差し歯による歯茎の黒ずみ治療

歯茎の黒ずみの原因と治療法についてご紹介いたします。

差し歯による歯茎の黒ずみの原因

差し歯による歯茎の黒ずみには、大きく分けて二つの原因があります。

歯茎の黒ずみ原因1. 金属部分の露出

金属が露出した歯茎の変色の状態

差し歯の裏側や内側に金属を使用している場合、加齢などが原因で年々歯茎が下がることで金属部分が露出してしまうことがあります。

露出した金属部分が黒いラインのように見えることで、歯茎が黒ずんでいるように見えてしまいます。

歯茎の黒ずみ原因2. 金属成分が歯茎に溶け出す

金属が歯茎に溶け出すことによる歯茎の黒ずみ

金属を使用した差し歯や被せ物治療によって金属が歯茎と接触している場合、金属イオンが歯茎に溶け出すことで歯茎を黒く変色させてしまうことがあります。

差し歯に使用されている金属は、高温多湿な口の中では時間が経つと溶け出しやすい状態になります。

溶け出した金属イオンが歯茎に染み込み、歯茎が黒ずんでしまうケースです。

また、口中の金属が体内へと入り免疫反応が起こると、金属アレルギーの原因になることもあります。

差し歯による歯茎の黒ずみにはセラミック治療がおススメ

セラミック矯正による歯茎の黒ずみ治療

歯茎の黒ずみを根本的に改善する治療法として、セラミック治療がおススメです。

① 根本原因を除去して黒ずみを解消

金属を使用した黒い裏打ちや土台を白い土台とセラミックの被せ物に交換することで、黒ずみの根本的な原因を除去することができます。

またセラミック治療の場合、歯の裏側も白くすることができます。大きくお口を開けたときや笑った時にも、歯の裏側の金属の裏打ち部分が見えてしまう心配もありません。

②土台からメタルフリーだから金属アレルギーの心配がない

ホワイトホワイトのセラミック治療では、土台から被せ物まで一切金属を使用しておりません。土台には白いグラスファイバー製のものを使用しております。

金属の影響によって歯茎が黒ずんでしまうことがなく、長く健康的なお口もとをキープしていただけます。

また、メタルフリーのため金属アレルギーを起こす心配がなく、身体に優しい治療となっております。

③セラミック治療+歯肉整形で健康的な歯ぐきに

歯茎は再生能力の高い組織のため、金属によって歯茎が黒く変色している場合もセラミックに交換することで徐々に元の健康的な歯茎のお色へと戻っていきます。

また、歯茎の黒ずみが広範囲な場合には、セラミック治療と歯肉整形を併用することで歯茎の黒ずみをしっかり解消できます。

着色が広範囲に及ぶ場合にも、しっかりと健康的な歯茎に改善することができます。

④差し歯の厚みや変色も一緒に改善できる

差し歯特有の厚みや変色

樹脂系の材料を使用したレジン前装冠による差し歯治療の場合、時間の経過によって変色したり天然歯のお色と比較して違和感が出てしまうことがあります。

また、保険の差し歯の場合、天然歯と比較したときに特有の厚みがあることも少なくありません。

差し歯をセラミック治療によって再治療することで、差し歯特有の厚みや変色を解消することができます。

まわりの天然歯と比べて違和感のない厚みやお色味にきめ細かく調整し、全体としてナチュラルな美しい仕上がりにすることができます。

時間が経ってもセラミックが変色する心配がないため、長く美しい口もとをキープしていただけます。

セラミック矯正によ差し歯の黒ずみ治療例

差し歯の黒ずみ治療セラミック矯正前

セラミック矯正前

差し歯の黒ずみ治療セラミック矯正後

セラミック矯正後

前歯の金属の裏打ちが見えることによる歯茎の黒ずみでお悩みだった方の症例です。

セラミック治療によって、原因である金属を取り除き白い土台とセラミックの被せ物による再治療を行いました。

全体として違和感のないナチュラルな仕上がりとなりました。

通院回数・治療期間:5回・2カ月
治療部位:セラミック治療4本
副作用(リスク):一時的に歯がしみたり、かみ合わせの違和感を感じることがあります。
自由診療。治療期間、費用、施術の流れ、仕上がりに関しては個人差があります。
シンプルデザインセラミック1本¥110,000(税込み)
支台歯調整料(コアなど)1本¥15,000(税込み)

差し歯による歯茎の黒ずみ治療の流れ

① 金属冠と土台の除去

セラミック治療による差し歯の再治療風景

まずは歯茎の黒ずみの原因である土台と金属冠を除去していきます。

②歯の神経の再処置

歯の神経の入っている管部分をしっかりと消毒して薬剤を詰めていきます。

③土台を削って調整して仮歯を入れる

差し歯の黒ずみ治療による土台と仮歯の構築

白いグラスファイバー製の土台を構築し、その上に仮歯を立てていきます。

④ 歯肉整形

金属の着色による歯茎の黒ずみが広範囲の場合は、必要に応じて歯肉整形を行います。

麻酔の効いた状態で電気メスにより着色した歯茎を切除します。腫れや出血の心配がなく、当日から通常通りの生活を送っていただけます。

麻酔がきれるまでお口に違和感があるため、熱い飲み物・食べ物などはお控えいただきます

⑤ 仮歯の形や大きさ・傾きを微調整

仮歯の調整

仮歯の状態で1~2週間ほどお過ごしいただき、歯の形や大きさ・傾きを患者さまにご確認いただきます。横顔のEラインなどについてもきめ細かくご希望をお伺いし、再度仮歯を調整していきます。

最終調整を行った仮歯をもとに、セラミックの被せ物の作製を進めていきます。

⑥完成したセラミッククラウンをセット

セラミッククラウンをセットしてセラミック治療の完了

約2週間後にセラミックの被せ物が出来上がります。セラミックの被せ物をセットし、セラミック治療の完了です。

歯茎の黒ずみや差し歯の変色は、お顔全体の老け顔の印象にもつながります。

歯茎の黒ずみと一緒に差し歯の厚みや変色も改善することで、若々しくナチュラルな印象にすることができます。

ホワイトホワイトでは、審美性にきめ細かく配慮した身体に優しいセラミック治療に力を入れております。

まずは無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。