セラミック矯正

【よくある3症例にみる】セラミック矯正ってどんな治療?

こんにちは。ホワイトホワイト有楽町 Dr.佐久間です。

今回は、セラミック矯正の歯並びを治すポイントについて、よくある症例を例に詳しく説明していきたいと思います。

セラミック矯正とは、気になる歯の傾きや歯並びを改善したい歯を削り、セラミックを被せることにより、矯正をしたような綺麗な歯並びにすることができる治療です。

短期間で歯並び・歯の色・歯の形や傾きまで非常にきめ細かく治療することができるので、特に前歯を中心に歯をキレイに整えられたい方に選ばれている治療法です。

具体的な患者さまの症例をベースに、セラミック矯正の治療方法から治療の流れまで詳しくご紹介していきますね。さっそくみていきましょう。

セラミック矯正とは

セラミック矯正について

まず最初に、セラミック矯正とは歯にセラミックを被せることで歯並びを改善する治療方法です。

矯正治療の場合、治療期間が長く2年程度かかってしまいますが、セラミック矯正の場合は2か月から3か月で綺麗な歯並びに仕上げることができます。

そして矯正治療では、ご自身の歯のまま歯並びが良くなるので、前歯の歯の大きさや長さ・色のムラまでは変えることができませんが、セラミック矯正ではご希望の歯の形、左右対称性・歯の色のグラデーションをご希望のイメージで仕上げることができます。

症例にみる!セラミック矯正治療の流れ

症例別セラミック矯正

続いて、セラミック矯正の治療の具体的な流れについてみていきましょう。

今回は、実際に私が担当した患者さまのケースの中でもよくある症例3つを例に、治療の流れを説明していきたいと思います。

セラミック矯正症例1:前歯の出っ歯を綺麗な歯並びにしたい

まず一つ目の症例は前歯2本前に出ていて幅があり、歯の長さが長く悩まれている方です。特に前歯の歯並びを気にされている方は、セラミック矯正を選択されることが多いです。

セラミック矯正で前歯を治療すると、第一印象も明るくキレイになることが大きな理由のひとつです。出っ歯をキレイに治療する今回のケースは、セラミック矯正2本の症例になります。

まず神経の治療をして、グラスファイバーという土台を立てる際に歯を内側に傾け、セラミックをセットすることで綺麗な歯並びにしていきます。

今回のように前歯2本をセラミック矯正で治す方法は、歯と歯の正中に隙間がある(すきっ歯)症例においても同じように適応することができます。

セラミック矯正症例2:前歯の被せ物の変色と歯の隙間を治したい

続いては、以前ほかの歯医者さんで前歯に被せ物をされた方の症例です。

この方は、保険の被せ物によって前歯4本を以前治療されていて、正中に隙間があること、歯の傾きや色のムラを気にされていました。この場合は、この以前治療された前歯4本をセラミック矯正によって治療をしていきます。

まずは以前行った古い被せ物を外し、グラスファイバーの土台を新しく作って仮歯の状態にします。この仮歯を作る際に、左右対称に製作することで、正中の隙間がなくなり綺麗なスマイルラインに仕上げる事が出来ます。

また、仮歯にしたときに、もともと歯茎の位置が低い部分には、歯肉整形術を行うことで歯茎を左右対称にキレイに調整する事が出来ます。

このように、セラミック矯正は以前治療した歯の色やすき間・傾きを改めて治すことにも適した治療方法です。

セラミック矯正症例3:笑ったときに見える範囲を真っ白にしたい

セラミック矯正3つ目の症例は、笑顔になったときに見える範囲の歯を白くキレイに整えたいという方のケースです。

例えばテトラサイクリン歯※のように、ホワイトニングでも白くなりにくく縞模様が残ってしまう方は、上下12本~16本セラミックの治療をする方が多いです。

テトラサイクリン歯を白くする方法について詳しくはこちらのページもご確認ください。
テトラサイクリン歯を白くするポイントと流れ

また、全体的に歯と歯の間にすき間が空いていて、前歯で物が噛めず、歯の色も合わせて白く治療されたいという方も上下12本~16本セラミック矯正を行うことが多いです。

歯の傾きについて調整が必要な歯は、神経の処置をしてから色や歯の形がメインの歯は、麻酔をして削り仮歯を作ります。その後、型をとり、セットして終了になります。

セラミックの歯を6本以上治療する場合は、セラミックの中でも特に白いスーパーホワイトのシェードを入れても違和感なく仕上がりますので、例えば芸能人のように真っ白な歯にご希望された場合でもキレイな口元にすることができます。

また、上下12本から16本治療される場合、笑った時のお顔の中心線と歯の中心線のラインをきめ細かく合わせていくことで、更に綺麗なスマイルラインに仕上げることができます。

※テトラサイクリン歯・・・テトラサイクリン系抗生物質の服用により歯が黄色や灰色系の色に着色した状態のこと

セラミック矯正の症例について詳しくはこちらのページもご確認ください。
症例別にみるセラミック矯正

まとめ:これから受診される皆様へ

今回は、セラミック矯正についてよくある症例を基にご紹介しました。セラミック矯正の来院回数や期間は、治療の内容に違いがありますが、目安としてはだいたい6~8回来院・2ヶ月~3ヶ月ほどで終了することが一般的です。

セラミック矯正は、短期間で綺麗な歯並びに仕上げることができる治療方法です。

お口元の輝きは、人生の輝きにつながります。お口元が変わる事で、その後の人生をより自信をもって歩んでいただきたいなと日々考えながらセラミック矯正治療を行っております。

当院ホワイトホワイトでは審美歯科ならではの特別メニューを取り揃えておりますので、お口元でお悩みが一つでもありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

*