セラミック矯正

銀歯を白くするならセラミック治療

    銀歯を白くするセラミック治療

    銀歯を中心とする保険診療による被せ物は、長く使っていると変色や摩耗が気になってくることが少なくありません。

    特に金属の被せ物は、時間が経つと金属イオンが溶け出すことで歯茎が黒ずんでしまうことがあります。

    今回は、銀歯のように金属の被せ物が身体に与える影響・再治療の方法についてご紹介したいと思います。

    銀歯が心身に与える影響とは

    銀歯が与える影響

    口元のコンプレックスになる

    銀歯は、保険の診療内で製作できる修復物です。耐久性にも優れており、特に奥歯の治療に広く活用されています。

    ただし、「金属色が目立つ」というデメリットもあります。口元のコンプレックスとなるケースも少なくありません。

    銀歯が目立つのが気になるといった理由から、「笑顔に自信が持てない」「笑った時に口もとを隠してしまう」といった方もいらっしゃいます。

    金属アレルギーを引き起こす

    歯科用合金で作られた銀歯には、いろいろな種類の金属が含まれています。その中には、金属アレルギーの原因となるものも存在しています。

    アレルゲンは患者さまお一人おひとりで異なるため、パッチテストなどを実施しなければ特定できませんが、銀歯を装着している時点で、そのリスクを背負っていると考えなければなりません。

    銀歯による金属アレルギーでは、口内炎のような口腔内の症状にとどまらず、手足の発疹や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、全身倦怠感などが現れる場合もあります。

    歯ぐきの黒ずみの原因となる

    銀歯は、唾液や飲食物などの刺激に絶えずさらされています。すると、銀歯から金属イオンが溶け出して、歯ぐきに沈着することがあります。金属イオンが溶け出すことで、歯ぐきの黒ずみが生じます。

    歯ぐきの黒ずみを解消するためには、まずは銀歯をお口の中から取り出す必要があります。

    銀歯を白くするならセラミック治療がおすすめ

    銀歯を白くするのにおすすめのセラミック治療

    銀歯による審美性の低下や金属アレルギー、歯茎の黒ずみなどにお困りであれば、セラミック治療がおすすめです。セラミック治療には以下のような特徴があります。

    メタルフリーだから身体に優しい

    セラミックは、一般的な「陶器」とほぼ同じ素材であるため、金属アレルギーの心配がありません。

    セラミック治療はいわゆる「メタルフリー治療」としても知られており、金属アレルギーのリスクをゼロにすることができます。

    変色しづらく歯ぐきの黒ずみの心配がない

    保険診療のレジンは、経年的な変色が認められます。また、銀歯の場合、変色の心配はありませんが、歯ぐきに黒ずみを生じさせます。

    そういった審美面および材料の安定性の問題は、セラミック治療で解決することができます。

    セラミックの場合、変色しづらく、歯ぐきを黒ずませる心配もありません。セラミックは、材料的に非常に安定しているのが特長のひとつといえます。

    短期間に銀歯を白くできる

    セラミック治療で銀歯を白くする場合、それほど長い治療期間は必要ありません。

    1カ月半~2カ月ほどで治療が完了します。また、仮歯の段階で銀歯を白くすることができるので、「できるだけ早く銀歯を白くしたい」という方にもセラミック治療が支持されています。

    銀歯はホワイトニングで白くできる?

    銀歯をホワイトニングで白く
    銀歯の色にお困りの方は、できればそのままの状態で歯を白くしたいものですよね。

    銀歯を外して白い歯に取り換えるのも、それなりに時間とお金がかかるものですから、銀歯そのものをホワイトニングできればと考えられる方もいらっしゃるでしょう。

    ただ、ホワイトニングというのは、天然の歯に対して効果を発揮するものです。銀歯はもちろんのこと、もともと白いレジンやセラミックが変色した場合であっても、それが人工歯であればホワイトニングで白くすることはできません。

    まとめ

    銀歯を白くするまとめ

    このように、銀歯は口元のコンプレックスを生むだけでなく、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因となることもあります。

    そんな銀歯を白くするのであれば、変色の心配がなく生体との親和性に優れたセラミックがおすすめです。

    「銀歯を白くするまでにどれくらい時間がかかる?」「費用について詳しく知りたい」といった方は、まずは無料カウンセリングにてお気軽にご相談ください。患者さまおひとりおひとりに合った治療計画・お見積りをお出しします。

    コメントを残す

    *