Beauty記事

歯磨き粉のお悩み別選び方って?衛生士が伝授!

    きれいなお口元を維持するために最も重要なのは、ホームケアです。代表的なホームケアは歯のブラッシング(歯磨き)です。

    今回は中でも、ブラッシングに使用する歯磨き粉の選び方について、歯科衛生士の目線から詳しくご説明していきたいと思います。

    歯磨き粉の選び方ポイント

    歯磨き粉は歯科医院にはもちろん、ドラックストアや雑貨屋さん、通販サイトなど多くの場所で売られているのを目にします。店頭にはたくさんの種類の歯磨き粉が並んでいて、何を基準に選んだらいいのか悩まれてしまう方は少なくないのではないでしょうか。

    お口の中の状態によって使うべき歯磨き粉は変わってきます。CMやパッケージなどで“美しく白い歯に”“むし歯予防”などといったキャッチフレーズをよく耳にします。商品のイメージをつかみやすく、効果を想像してしまいがちですが…本当に求めている効果があるのかは、キャッチフレーズだけでは判断しかねます。

    そこで、誰でも簡単に自分に合った歯磨き粉を選ぶことのできる方法をご紹介します。

    自分に合う歯磨き粉の選び方のポイント

    自分に合った歯磨き粉を選ぶポイントは、歯磨き粉に含まれる有効成分をチェックすることです。

    それぞれの歯磨き粉の大きな違いは“、有効成分”と呼ばれる効果と効能が認められた薬用成分の種類にあります。つまり、必要な薬用成分が含まれた商品の選択ができれば、自分に合った商品を選択できることになります。

    手に取った歯磨き粉の裏面をよく見てみてください。

    色々な歯磨き粉

    どの歯磨き粉にも必ず、成分表示がされています。

    以下より歯磨き粉に含まれる有効成分と適したお口のタイプについてご説明しますので、購入時の参考にしていただければと思います。

    お悩み別歯磨き粉の選び方

    歯磨き粉のタイプ別選び方

    歯磨き粉の選び方1:虫歯になりやすい方

    むし歯になりやすいと感じている方以外にも、ご自身ではむし歯になりやすいと気付いてない方もいらっしゃると思います。そこで、むし歯になりやすい方のお口の中の症状、行動をいくつか挙げてみます。

    • お口の中が乾きやすい方
    • 間食(特に甘いもの)を頻繁にされる方
    • 歯並びが乱れている方

    こんな方に使用して頂きたいのが、以下のような成分が配合された歯磨き粉です。

    • フッ化ナトリウムもしくはモノフルオルリン酸ナトリウム(フッ素):歯を強くする、むし歯の発生と進行を防止
    • デキストラナーゼ:歯垢(むし歯の原因菌)の除去、付着防止
    • 合成ビタミンK:むし歯の発生を防止

    ここで気を付けていただきたいのは、歯の磨きかたです。ポイントは歯磨きの際に“フッ素”を十分に働かせるようにすること。

    歯の全体に歯磨き粉がいきわたるようにし、泡立つように心掛けて磨いて下さい。また、歯を磨いているときだけでなく、磨いた後にもポイントがあります。

    “フッ素”を長い時間作用させるために、ブクブクうがいは極少量の水1回にして下さい。さらになるべく長くお口の中に“フッ素”を留めておくために、歯磨き後は1~2時間程度ご飲食を控えることをおすすめします。

    フッ素をお口全体にできるだけ長い時間作用させることで、より虫歯になりにくいお口にすることができます。

    歯磨き粉の選び方2:歯周病が心配な方

    歯周病といえば、某CMで歯周病の歯ぐきのことを“熟れたトマト”と表現していたのが印象的です。“熟れたトマト”=歯周病とイメージされる患者さんが少なくありません。

    しかし、実際にこのような歯ぐきになってしまっているのは、重度の歯周病の方に限られます。

    重度の歯周病とは歯周病が原因で歯を抜いたり、手術をうけなければならない段階を指します。実際には多くの患者さんが軽度または中度の歯周病にかかっており、その多くが自覚がなく、歯周病が進行してしまっています。

    こんな方は、軽度から中度の歯周病の可能性があるので要注意です。

    • 歯磨きや食事中に歯ぐきから出血する方
    • 歯がぐらつく・かたいものが食べにくい方
    • 歯ぐきが赤く腫れている方
    • 朝起きた時にお口の中がネバネバする方

    上記に当てはまる方に使用して頂きたいのが、以下のような成分が配合された歯磨き粉です。

    • イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、塩化セチルピリジウム(CPC):殺菌作用
    • トラネキサム酸:出血防止
    • グリチルリチン酸ジカリウム:炎症を抑える

    歯周病の怖さは、お口の中だけにとどまりません。

    今や歯周病は生活習慣病と言われており、お口の中の病気としてだけではなく、糖尿病や心疾患など、生活習慣病やその他の身体の病気とも深く関係しています。

    つまり、お口の中の健康を保つことが全身の健康を保つことになり得るのです。

    歯周病の症状があるかも?と感じた方は、上記のような有効成分を含む歯磨き粉を選んでみましょう。また、歯科医院で定期健診や歯周病治療を受けることも、歯周病の予防・治療には重要だと覚えておきましょう。

    歯磨き粉の選び方3:歯を白く保ちたい方

    歯みがきのレクチャー風景

    “歯を白くする””ホワイトニング効果”が謳われた歯磨き粉をよく目にしますが、歯磨き粉によって得られるホワイトニング作用とは、あくまで歯の表面に付着した着色除去です。

    ここでいう“歯を白くする”とは“本来の白さにもどす”もしくは、ホワイトニングによって白くした歯を“白く保つ”という解釈が正しいといえるでしょう。

    歯自身を白くするためには、専用のお薬を使用して歯の内部まで色素分解をすることで黄ばみをなくしていく(ホワイトニング)必要があります。

    一度白くきれいな歯を手に入れたら、誰もがその白さを維持したくなるものです。当院のホワイトニング治療を受けている患者さんからも、白さを保つためにはどんなケアをしたら良いか質問を受けます。

    その一つに、歯磨き粉選びがございます。特に“歯を白くする”というキャッチフレーズを謳っている歯磨き粉ではなく、歯磨き粉に含まれる成分表示を見ていただき白さのキープに効果的な歯磨き粉を選んでいただくようにしています。

    それではさっそく、美しく白い歯を保つことのできる歯磨き粉を選ぶポイントをご紹介していきます。

    • ポリリン酸ナトリウムが配合されている:歯の表面に付着した汚れや着色を落としてくれる効果があります。同時に歯をコーティングし、汚れや着色をつきにくくする予防効果も期待できます
    • 研磨剤が含まれていない:研磨剤は着色を落とす効果がありますが、その工程で歯の表面を傷つけてしまい、再び汚れや着色がたまる場所をつくってしまいます
    • 発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)が含まれていない:ブラッシングによって全体に泡立ちが広がることで、歯を磨けたと錯覚し磨き残しを作ってしまいます
    • 無香料・無着色のもの:歯に負担のないものを選びましょう

    歯磨き粉の選び方4:歯がしみやすい(知覚過敏)方

    知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に痛みを感じる症状のことを言います。

    噛み合わせの異常や歯周病の進行、誤った歯磨きなど原因はさまざまですが、20~50代に多く見られる症状で、成人の4人にひとりに知覚過敏の症状があると言われている身近なものです。

    歯に痛みを感じた時、ご自身でむし歯であるのか知覚過敏であるのか判断するのは難しいです。知覚過敏の診断には、歯科医師の診察が必要です。お痛みの原因が知覚過敏であるとご自身で思い込んでしまうのは危険です。一度歯科医師の診察を受けるようにしてください。

    歯科医師の診断のもと、知覚過敏でお悩みの方は、以下の成分が配合された歯磨き粉の使用をおすすめします。

    • 硝酸カリウムが配合されているもの:歯の神経である「歯髄(しずい)」のまわりにイオンバリアを作り、イオンバリアが冷たいものなどの刺激物から歯を守り、知覚過敏を予防します
    • 乳酸アルミニウム:象牙細管(刺激を内部に伝達する小さな無数の管)を封鎖し、外部からの刺激をブロックすることで知覚過敏を予防します

    歯がしみる場合は、できるだけ刺激の少ない歯磨きを使った方が良いです。歯磨き粉の成分に研磨剤が含まれていないかどうかも確認しましょう。

    知覚過敏の症状が続くようであれば、早めに歯科医院に相談し、適切な処置と指導を受けましょう。

    歯磨き粉の選び方5:インプラント治療を行っている方

    インプラントと歯磨き粉の関係

    インプラント治療を行っている方は、毎日のケアがとても大切です。インプラント専用の歯磨き粉も売られていますが、ポイントを押さえれば自由にケア用品を選択することが可能です。

    歯磨き粉の選び方のポイントは以下になります。

    研磨剤の粒子の粗いものは避ける

    粒子の荒い研磨剤を使用すると、インプラントと歯ぐきの中に入り込み、炎症の原因になります。できれば研磨剤無配合のものを選びましょう。

    フッ素入りの歯磨き粉は使用してOK

    インプラント治療を行っている方はフッ素を使用してはいけないと聞いたことがあるかもしれません。しかし、実際は使用しても問題ないという考え方が優勢のようです。むしろ、残っているご自身の歯のことを考えると、フッ素入り歯磨き粉を選ばれた方が良いという考えもあります。

    根拠として参考文献を抜粋すると、

    “フッ化物濃度でチタンの腐食が見られた報告があるが 17)、これは pH が 4 未満という条件であり、唾液による緩衝作用を考えると実際の口腔内では現実的ではない”

    “フッ化物配合歯磨剤がインプラント周囲炎を引き起こすリスクになるという蓋然性は極めて低いと考察される。ちなみに、チタン合金の種類によっては、酸性条件でもチタンの腐食が認められていない”

    “フッ化物配合歯磨剤はむしろチタン材へのミュータンス菌の付着を抑制しているとの研究は注目すべきである”

    インプラント治療をされる方は、その後のメンテナンスが重要になってきます。ホームケアの方法などもしっかりと主治医と相談し、快適な口腔内を保てるようにしましょう。

    参考文献:日本弁護士連合会「集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書」に対する日本口腔衛生学会解説

    まとめ

    いかがでしたか。今回は歯磨き粉の選び方についてお口の中の悩み別に詳しくご紹介しました。さまざまな歯磨き粉がある中で、ご自身に最適のものを選ぶポイントは、「有効成分」をしっかりチェックすることです。

    お口元をきれいに保つためには、毎日のケアの積み重ねがとても大切です。正しいホームケアと歯磨き粉や歯ブラシといった製品選びが、お口の健康と美しさにつながります。

    また、定期的に歯科医院で検診を受けることで、白く輝く美しい歯を目指すようにしましょう。

    おまけ:歯磨き粉の収納方法

    このように、自分に合った歯磨き粉を選択していくと、家族全員がバラバラの歯磨き粉を使用することに…なんてことも起こりうるでしょう。

    また、歯磨き粉のパッケージはあまりオシャレでないものが多く、効果や配合成分を優先して選ぶとなおさら洗面所が乱雑に見えてしまいます。

    家族の人数分歯磨き粉を用意することになると、きれいに片付いた洗面所も台無しになってしまいますよね…

    そこで、ここではたくさん集まった歯磨き粉をオシャレかつきれいに収納する方法をご紹介します。

    ①材料集め

    まず材料あつめからスタートです。必要な材料は…

    • 歯磨き粉
    • はさみ
    • クリアファイル
    • お好きな紙(おりがみやカラーの画用紙など)
    • 両面テープ
    • ステッカーなどの装飾
    • クリップ

    歯磨き粉収納の材料

    クリップは、このようにひっかける部分があるものを使用すると、収納スペースを新たに確保することができ、とても便利です。
    歯みがき粉収納の作成方法1

    お好きな紙は、歯磨き粉のパッケージを変えていくためのもので、仕上がりのイメージによってお色や材質を変えても面白いです。

    今回は、無地の紙にあとからステッカーを張りつけて作成しました。手作りのステッカーを使用するだけで、世界に一つだけの歯磨き粉が簡単に作れるので、使うのが楽しくなりますよね。

    歯みがき粉収納の作成方法2
    一目見てだれのものかが分かりやすく作っておくのもポイントです。

    ②両面テープで貼りつけ

    つぎに、歯磨き粉のフタ部分を除いたボディの大きさに紙をカットし、両面テープで張り付けます。

    歯みがき粉収納の作成方法3

    あわせてお好きなように、装飾も行います。

    歯みがき粉収納の作成方法4

    ③クリアファイルも同じ大きさにカット

    続いてクリアファイルも同じ大きさにカットし、両面テープにて張り付けます。クリアファイルで覆うことで防水効果が得られるのでおすすめです。

    ここでのポイントは、高さは少しオーバー気味にカットしておくことです。

    歯みがき粉収納の作成方法5

    クリップでとめる

    オーバーした先端部分を折り込んでクリップでとめたら完成です。折り込むことで上から中へほこりや水が入らないようにしてくれます。

    完成

    カバーを付けるだけで、統一感のある洗面スペースになります。

    歯磨き粉収納

    コメントを残す

    *