セラミック矯正

前歯治療のご希望は7割以上!治療方法と知っておきたい3ポイント

皆さんは、歯科医院で歯をキレイにしたいと考えたときに、特にどの歯を治療したいと考えますか?今回は、ホワイトホワイトでも特にご希望をいただくことの多い「前歯」の歯並びや色を治す歯科治療に関して詳しくご紹介したいと思います。

ここ最近、前歯の白さと歯並びを同時に治療されたいという患者さまが増えています。前歯をキレイにする治療方法と、前歯治療に関してぜひ知っていただきたい3ポイントをまとめました。

それでは前歯の治療についてさっそくみてきましょう。

前歯をキレイに治療したい方は7割以上!

前歯治療に関するカウンセリング

ホワイトホワイトで治療をお受けいただく際は、まずカウンセリングのご案内をさせていただいております。

その際、治療方法から仕上がりのイメージまでを具体的にお話しさせていただき、患者さまとクリニック側が治療目的の共有をしたうえで、同じゴールを目指して治療に入っていきます。

私はカウンセリング時に、患者さまが一番気になる部分はどこなのかをお伺いするのですが、以下のようなご希望をいただくことが非常に多いです。

「前歯に段差があることが気になり、きれいな歯並びにしたいです」

「前歯に隙間があるので、食べ物がはさまりやすく、隙間のない歯並びに整えたいです」

「前歯の黄ばみや黒ずみを白くキレイにしたいです」

このように、前歯の歯並びやお色をきれいにしたいというご希望の患者さまが7割を超えるほど多くいらっしゃいます。

前歯はその方の印象を決めると言ってもいいほど、お口の中でも一番目立つ部分です。皆さま、特にきれいにされたいというご希望をお持ちのようです。

一概に前歯の治療といってもさまざまです。歯並びをどうされたいか・歯のお色をどうされたいかなど、患者さまご自身が何を優先されるのかというご希望によってお選びいただきます。

まずは前歯の治療方法を選ぶポイントをみていきましょう。

前歯の治療方法を選ぶ3ポイント

特に、前歯の治療方法を考える際に大切なポイントは以下の3つです。

  1. 歯を削ることに抵抗があるかどうか
  2. 歯の形、大きさも一緒に変えたいか
  3. 治療完了までにかけられる期間はどれくらいか

前歯の治療では、大きく分けて3つのポイントの中でどれが優先順位が高いのかを患者さまに選択していただき治療方法を決めていきます。例えば、前歯の歯並び・歯の大きさや形まで治療したい場合にはセラミック矯正を行います。

また、歯を削りたくない方には、マウスピース矯正とホワイトニングを併用する場合が多くあります。前歯の治療を選ぶポイントと方法を詳しくみていきましょう。

前歯をキレイにするための2つの治療方法

前歯治療の方法

ホワイトホワイトで行っている前歯の具体的な治療方法としては、セラミック治療・マウスピース矯正の二つの方法からお選びいただくことができます。

前歯の治療1:セラミック矯正

前歯の治療方法1つ目がセラミック矯正です。

セラミック矯正とは、ご自身の歯を削り、白いファイバーの土台を立てた上にセラミックの被せ物を専用の接着剤で一体化するように装着する治療法です。

前歯の治療にセラミック矯正が向いている方

セラミック矯正は、歯の形、大きさ、角度など歯並びをご希望の状態に変えることができます。前歯を患者さまご自身の理想に近い状態にすることができる治療方法です。

ご自身の歯を削ることになりますが、細部まで前歯を理想的な状態にされたい患者さまに適した治療と言えます。

さらに、セラミック矯正は2~3か月と短期間で完了する治療です。数か月後に大事なイベントがあるなど、治療完了までに期日がある方、お急ぎの方に適しています。

セラミック矯正の特徴について詳しくはこちらのページもご確認ください。
セラミック矯正治療3つの特徴

具体的な治療の流れとは以下のようになっています。

①前歯の神経への治療

まず最初に、神経の治療を行います。この神経の処置は、歯並びや歯の傾きを変えるためには必須の処置となります。神経への処置は平均的に2回程度で終わります。

神経の管の中を消毒し、きれいな状態になったら、最終的なお薬を密閉するように詰めていきます。

②前歯に仮歯を装着

神経処置の完了した前歯の強度を増すために、補強の土台を作り、仮歯を装着します。仮歯の時点で最終的に入れるセラミックをイメージしていただくために、形や大きさ、周りとのバランスを調整し、シミュレーションを行います。

「この状態で大丈夫!!」とご納得いただけた時点で型取りを行い、セラミックを製作していきます。

③前歯にセラミックを装着

約2週間後、完成したセラミックを試適します。前歯に付けたセラミックについて、患者さまにご確認いただいてからレーザーで一体化するように装着します。

前歯何本にセラミック矯正を行うかによって変動はありますが、目安として上下の前歯12本で3か月ほどの治療期間となります。

セラミック矯正の治療の流れについて詳しくはこちらのページもご確認ください。
セラミック矯正治療の流れ

前歯の治療2:マウスピース矯正

続いて、前歯の歯並びを整えたい場合に行うマウスピース矯正についてご紹介します。

マウスピース矯正では、初診時の検査・診断により必要なステップ数(治療期間)が決まります。

前歯の治療にマウスピース矯正が向いている方

セラミック矯正のように、ご自身の歯を削ることに抵抗があるという方にはマウスピース矯正がおススメです。

マウスピース矯正では、歯を削ることがない分、歯の形や大きさを変えることはできませんが、歯並びをきれいにすることができます。

マウスピース矯正は年単位の治療となりますので、長期的な通院が可能な方に適しています。また、マウスピース矯正では、ご自宅で簡単にできるホームホワイトニングを併用することができます。

前歯の歯並びを改善しながら、ホワイトニングによって歯を白くしたいという方にも適した矯正方法と言えます。

マウスピース矯正の治療の流れをみていきましょう。

①模型からマウスピースを製作

まず、上下の全体的な歯の型取りをし、石膏の模型にします。

模型状で歯を一本一本分割して、今の状態から0.7ミリ程きれいな歯並びに並べた状態で模型をつなぎ合わせ、その形で透明なマウスピースを製作していきます。

②マウスピースの使用スタート

その型取りから2週間後にマウスピースをお渡しいたしますので、さっそく使用開始です。

マウスピース矯正では、型取りからお渡しまでが1ステップと考えます。一度に動かせる限度がありますので、このステップを繰り返していくことで歯並びを少しずつ動かし、1年半~2年ほどでマウスピース矯正が完了します。

マウスピース矯正のポイント

マウスピース矯正では、お食事と歯磨きの際にはマウスピースを取り外していただくことができます。ただし、一日のうちのできるだけ長い時間つけていただいた方が馴染みが早いです。

一日最低15時間以上つけていただくことが理想です。また、一日一回、漬けておくだけの専用の洗浄剤で簡単なお手入れをしていただき、清潔なマウスピースをはめるようお願いしています。

ご自身の歯を削ることなく、型取り、お渡しの工程を繰り返していくことで、少しずつきれいなアーチ状に前歯を中心に歯並びを整えていきます。

マウスピース自体は透明なので、ワイヤー矯正時のように矯正治療中であるということが他人にわかりにくく、人知れず歯並びをきれいにすることが可能です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、前歯をキレイにするためにチェックしたいポイントから、前歯の治療方法まで詳しくみていきました。

前歯をキレイに整えたい・改善したいというご希望は同じでも、歯並びを整えたいのか・歯の色をキレイにしたいのかなど、優先したい条件によって前歯に対しておススメする治療内容が変わってきます。

ホワイトホワイトでは、カウンセリング時にまずは前歯をどのようにされたいか・どのような治療方法があるかをしっかりとお話しし、きちんと確認していただきながら前歯への治療方法を患者さまにお選びいただきます。

前歯はお顔の第一印象にも関係する大事なパーツです。前歯に対してよりこだわった治療をご提供し、素敵な笑顔作りのお手伝いをさせていただいておりますので、ご希望ございましたらお気軽にご相談ください。

コメントを残す

*