衛生士による記事

医療費控除を歯科治療で受ける条件・方法って?

    “審美歯科”というと、どうしても敷居が高いと感じると方が多いと思います。その理由のひとつに歯科治療費が高いことにあるのではないでしょうか。

    保険が適用されなくても、より美しく理想のお口元にするために高度な治療をしっかり受けたい。とは思っていてもまとまった出費には勇気がいり、なかなか踏み出せずにいるという方、少なくはないのではないでしょうか。

    今回はそんな方にぜひ知っておいていただきたい「医療費控除」の受け方や戻ってくる費用について詳しく解説していきます。医療費控除についてさっそくみていきましょう。

    医療費控除とは

    医療費控除を受ける方法

    まず最初に、医療費控除とはどのようなものなのでしょうか?医療費控除とは、一定の条件を満たす医療・歯科治療に対して、申請を行うと一定金額を返還してもらうことができるシステムです。

    病気やけがなどでかかる医療費(1月1日から12月31日分)が自分自身と家族あわせて10万円を超えた場合において、医療費の一部を税金(所得税)から控除することができます。

    医療費控除でいくら戻るのか

    ここで気になるのが、医療費控除によって一体いくら戻ってくるのかといことですよね。

    医療費控除を受けるためには確定申告を行う必要があり、手続きが面倒に思えて申告されていない方もいらっしゃいますが、医療費控除では最高で200万円対象になります。

    計算方法は…
    (実際に支払った医療費の合計額-①)-②=医療費控除の金額

    ①保険金などで補填される金額

    まず、医療費から差し引かなくてはいけないお金があります。具体的には、以下のようなものがあります。

    • 生命保険契約などで支給される入院費給付金
    • 健康保険などで支給される高額療養費
    • 出産育児一時金など

    ただし、保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

    ②10万円・または総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額(いずれか小さいほう)

    医療費控除は、医療費で負担がかからないようにするためにする制度で、その“負担”に感じる額を10万円と決めています。

    ですが、所得が1000万円の人にとっての10万円と、所得が100万円の人にとっての10万円ではその額に対する負担も大きく差があります。

    そこで、所得が200万円未満の方では、総所得金額の5%の金額か10万円のいずれか小さい額が差し引かれることになります。

    医療費控除の対象となる歯科治療・通院費用

    医療費控除は、どの歯科治療も対象となるわけではありません。以下のような歯科治療や通院費用・薬の代金が対象となります。

    • 虫歯・歯周病の歯科治療費用
    • 噛み合わせの改善を目的とした矯正歯科治療
    • セラミックやメタルボンドによる歯科治療
    • 歯科ローンによる治療費
    • 通院にかかった電車・バス・タクシーの費用
    • 子供の付き添いにかかった交通費
    • 痛み止めなどの歯科治療により処方された医薬品の費用

    反対に、以下のような治療は医療費控除の対象とならないので注意しましょう。また、セラミック治療や矯正治療を受けて医療費控除の申請を行う場合には、美容目的であると判断されないように申請を行う必要があります。

    心配な方は、歯科医院で医療費控除の申請と対象外の治療について聞いてみると良いでしょう。

    • ホワイトニング
    • 歯科ローンの金利や手数料
    • 明らかに美容を目的とした矯正治療
    • 通院にかかった駐車料金やガソリン代

    歯科医院において医療控除を受ける方法

    歯科治療と医療費控除

    続いては、医療費控除を受ける方法についてみていきましょう。以下の書類が医療費控除の申請に必要になります。

    源泉徴収票(原本)

    給与所得のあるかたは源泉徴収票の原本が必要になります

    ※提出後も再発行は可能です

    医療費の領収書やレシート

    医療費控除の明細書へ転記する際に使用します。基本的には平成29年度より提出は不要ですが、税務署から求められたとき、提示もしくは提出する場合があるので5年間自宅で保管する必要があります。

    医療費通知

    医療保険者から交付を受けた医療費通知がある場合は、医療費通知を添付することによって医療費控除の明細書の記載を省略することができます。

    交通費の領収書

    通院のためにかかった交通費、電車やバスによる移動が難しいときのタクシー代なども、医療費控除の対象になるので、領収書もなくさないようにとっておきましょう。

    領収書のない交通費も医療費控除の明細書にもその金額を転記するので、その都度メモを残しておくようにしましょう。

    医療費控除の明細書

    • 確定申告書A様式
    • マイナンバーの本人確認書類の添付台紙

    医療費控除を受けるためにはこれらの書類に必要事項を記載し、提出する必要があります。税務署や役所に行って職員の方に「医療費控除の申請をしたいので書類をください」などと声をかければ、必要な書類のセットを用意してもらえます。

    パソコンでプリントアウトできる環境があれば、税務署へ足を運ぶ必要はありません。国税庁の確定申告書作成コーナーから案内に従って入力することで簡単に申告書を完成させることが出来ます。

    ちなみに還付申告であれば確定申告、医療費控除は過去5年にさかのぼり申告することが出来ます。申告忘れがあってもまだ間に合います。

    自分のペースで無理なく支払う!医療費控除以外に知っておきたい支払い方法

    歯科治療の支払い方法

    歯科治療の費用において、医療費控除を受ける方法や条件について少し理解を深めていただけたのではないでしょうか。医療費控除のほかにも、ご自身のペースで無理なく歯科治療の費用を支払うために、ぜひ知っておいていただきたいお支払い方法の種類についてもここでご紹介したいと思います。

    ①デンタルローン

    一口にデンタルローンといっても、さまざまな金融機関・信販会社が取り扱っているので種類がたくさんあります。金利が安い、限度額が多い、支払期限に余裕がある等、それぞれ特徴があります。ご自身の支払能力と利用条件が一致するものをしっかり選ぶことが重要です。

    デンタルローンはカードローンや、フリーローン、クレジットカードでの支払いなどと比べ、より低金利で融資を受ける事が可能な分、金融機関はより慎重な審査を行います。そのため、審査結果がでるまでにかなり時間がかかったり、審査に通らないことも少なくありません。

    以下の場合、審査に通らない可能性があります。

    収入が安定していない

    アルバイトやパートとして収入を得ている方は継続的に安定した収入を得ていないとみなされ、審査に不利になる場合があります。

    過去に金銭トラブルを起こしたことがある

    特に金融事故を起こしたかたは審査に通りません。金融事故には利用料金の滞納なども含まれるため、当てはまる方も少なくないかもしれません。

      金融事故例

    • 延滞(3カ月以上の滞納)
    • 債務整理(自己破産や個人再生)
    • 携帯電話料金の滞納
    • 奨学金の滞納
    • 返済途中の過払い金請求 など

    審査に時間がかかってしまうことで治療の計画も立てにくいものです。治療費が前払いでない場合は、先に治療を開始し審査結果を待つ方もいらっしゃいます。その場合は、審査に通らなかった場合も想定し、デンタルローン以外の別の選択肢も考えておくとよいかもしれません。

    ②クレジットカードの利用

    お手持ちのクレジットカードでのお支払いが可能であるか、事前にチェックしておくことも大切です。クレジットカードの分割払いを利用することで月々の負担を減らすだけでなく、クレジットカードの種類によってはお支払金額自体に割引がきいたり、ポイントとして還元されたりとお得なカードもあります。

    また、カードローンを組むという選択肢もあります。カードローンの場合は審査に時間がかからず、治療の予定も立てやすいです。

    院内分割払いに対応した歯科医院で治療を受ける

    クレジットカードやローン会社を通すことなく、院内での現金による無利息分割払いが可能な歯科クリニックを選択することで、手数料の心配なくご自身のペースでお支払い頂けます。

    通院回数が多い歯科治療の特性を生かし、治療の進度に合わせたお支払いができたり、お支払い希望金額や回数など、ご相談可能なクリニックもございます。治療費で悩まず、お一人で悩まず、まずは相談してみるのがいいかもしれません。

    まとめ

    いかがでしたか。治療費の支払いが難しいため、治療を受けることをあきらめてしまうかたは少なくないかもしれません。
    お支払方法を見直したり、控除を受けることでご希望の治療が受けられるようになるかもしれません。“一言相談してみる”“今までやってなかった申請をしてみる”一つ行動を起こしてみてください。自分を変えることが出来るきっかけになるかもしれません。

    また、ホワイトホワイトでは医療費控除を受けるサポートや、院内分割払いに対応しております。無利息でのキャッシュ分割払いにも対応しているので、現金による3回・5回払いで審美治療を受けられる方も少なくありません。

    お支払い方法についても柔軟に対応しておりますので、白い歯・歯並び治療を受けられたい方はお気軽にご相談くださいね。

    コメントを残す

    *