セラミック矯正

テトラサイクリン歯を白くするポイントと流れ

    テトラサイクリン歯を白くするには

    テトラサイクリン歯によって歯の白さにお悩みを持つ方は少なくありません。

    「歯がグレーがかっている」「歯の真ん中にしま模様がある」「テトラサイクリン歯をホワイトニングしたけれど、すぐに後戻りしてしまった」などのお悩みをお持ちの患者さまから、テトラサイクリン歯を白くするために効果的な治療をご質問されます。

    今回は、テトラサイクリン歯を白くする治療法とそのポイント・治療の流れについてご紹介したいと思います。

    テトラサイクリン歯って?

    テトラサイクリン歯とは

    テトラサイクリン歯とは、妊婦さんや授乳中のお母さん、及び永久歯の形成期(出生時~8才頃)までの小児がテトラサイクリン系の抗生物質を多量に投与された場合の副作用として変色が起こった歯の事を言います。

    テトラサイクリン歯は、形成中の歯に含まれるカルシウムとテトラサイクリンが結合して歯に沈着し、通常の歯の色とは異なる色となります。

    テトラサイクリン歯の色の特徴

    テトラサイクリン歯の色の濃さは軽度、中度、重度まで段階があり、色もイエロー系統からグレー系統、ブラウン系統の3種類に分かれます。

    テトラサイクリン歯は、どの色の段階でも共通して中央にしま模様があります。このテトラサイクリン歯の特徴であるしま模様は、ホワイトニングで消すことができません。

    テトラサイクリン歯はホワイトニングでは白くできない?

    ホワイトニングは基本的に神経がある歯には効果があります。しかし神経があっても、ホワイトニングの効果が表れにくい場合があります。

    テトラサイクリン歯は、ホワイトニングによって歯を白くしにくい代表的な例です。

    テトラサイクリン歯にホワイトニングを行っても歯の白さが後戻りしやすく、さらにテトラサイクリン歯の特徴であるしま模様はホワイトニングで消すことができません。

    軽度・中度までは全体的に明度を上げることは出来ますが、重度になると効果は表れにくいです。

    テトラサイクリン歯を白くするにはラミネートべニア治療がおすすめ

    テトラサイクリン歯を白くするポイント

    テトラサイクリン歯のしま模様を完全に消したい方や、はっきりとした白さを実感されたい方には、ラミネートべニア治療がおすすめです。

    ラミネートべニア治療は、歯の表面をごく薄く削りセラミック製のシェル(薄片)を貼り歯を白くする治療法です。

    歯の神経を取らずに済み、歯を削る量も少ないので歯にかかる負担を最小限度に抑えることができます。

    テトラサイクリン歯を白くするためのポイント

    テトラサイクリン歯は歯の着色が強いため、通常のラミネートべニアでは歯の色が透けて見えてしまいます。そのため、ホワイトホワイトでは歯に接する面にテトラサイクリン歯の色を遮断する特殊な層を持ったシェルを使用しております。

    テトラサイクリン歯の色を遮断することで、元の歯のお色味に左右されず、より明るい白さの自然な仕上がりにすることができます。

    また、ラミネートべニアのセット時に使用する接着剤には様々なタイプがあり、白さのお色味も微妙に異なります。
    シェルを接着する際にどの接着剤を使用するのか、治療完了前に試しづけを行いながら決めていきます。

    このようにラミネートべニア治療では、テトラサイクリン歯専用のシェルを用いて、接着剤のお色をお好みに合わせて選択することで、より自然な白さの歯にすることができます。

    テトラサイクリン歯を白く・歯並びも治すならセラミック治療

    テトラサイクリン歯を白くする治療

    歯の白さと一緒に歯並びも治したい場合には、セラミック治療が適しています。

    ラミネートべニア治療は、ある程度の歯並びや歯の隙間は治せますが、歯並びを大幅に変える場合にはオールセラミッククラウンによるセラミック治療を行います。

    オールセラミッククラウンとは、クラウンの素材全てにセラミックのみを使用し、金属やプラスチックを一切含まないクラウンのことを言います。
    プラスチックが引き起こす変形・変色や金属が引き起こす歯肉の黒ずみを防ぎ、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただける素材です。

    神経を残してクラウンをセットする事もできますが、歯並びを変える場合は神経の処置が必要になります。

    テトラサイクリン歯に対するセラミック治療

    セラミック治療の場合、歯を削りその上に土台を立ててオールセラミッククラウンを被せていきます。

    テトラサイクリン歯による変色した歯のお色が、セラミック治療後の歯のお色に影響を与えることはありません。透明感のあるオールセラミッククラウンを被せることで、ご自分の歯のように自然な白さに見えます。

    ホワイトホワイトでは、セラミック治療の歯の白さの仕上がりにもこだわりを持っております。

    歯のお色は、通常白一色ではなく根元から切端部にかけて何層ものお色がグラデーションのように重なっています。また、歯の切端の部分はエナメル質が厚いので中央~上部に比べて透明感があります。

    このグラデーションと透明感をきめ細かく再現することで、自分の歯と見分けがつかないほど、自然な仕上がりになります。

    歯並びだけでなく、セラミック治療の場合にはこのように歯のお色もグラデーションや透明感を調整することでより自然にみせることができます。

    当院のセラミック治療の特徴について詳しくはこちら
    セラミック矯正の特徴についてはこちら

    まとめ

    テトラサイクリン歯を白く仕上げるには、ラミネートべニア治療またはセラミック治療が効果的です。歯の白さにコンプレックスを感じていらっしゃる場合、いつの間にか大きなお口で笑えなくなってしまったり、口を隠してしまうことも少なくありません。

    口もとにコンプレックスを感じることなく笑顔で人と接することで、相手にに明るい印象を与えることができ、ご自身の自信にもつながります。

    「テトラサイクリン歯を白くしたい」「テトラサイクリン歯と一緒に歯並びも治療したい」という方はお気軽にご相談ください。

    コメントを残す

    *