Beauty記事

白い歯にしたいけど。。歯のホワイトニングに見え隠れする本音

    歯を白くするために、女性から男性まで幅広い層に人気のあるホワイトニング。実は、女性と男性でホワイトニングでご希望される歯の白さにはかなりの違いがあります。

    今回は、患者さんのご希望を叶えるホワイトニング治療のポイントから、ホワイトニング治療の流れについて解説していきます。

    ホワイトニング治療についてさっそくみていきましょう。

    ホワイトニングで白くしたい!

    最近では、ホワイトニング専用サロンやエステ感覚のホワイトニングというように、価格もチープなものから本格的なものまで非常に多様化しています。

    お店に行って自分たちでホワイトニングするセルフホワイトニングが注目される一方、セルフホワイトニングを行ってみたら全然歯が白くならなかった!とおっしゃってホワイトホワイトにいらっしゃる患者さんもいます。

    ホワイトホワイトにホワイトニングを受けにいらっしゃる患者さんは、実は初めてホワイトニングをするのではなく他院で受けて、納得がいかずに来られる方がとっても多いんです。ホワイトニングを行う歯科医院が多様化する一方で、患者さんのご希望に沿わないホワイトニングを行う歯科医院やサロンが増えてしまっているのは、歯科医師としてとても複雑な心境です。

    ここからは、女性・男性別にご希望に沿ったホワイトニングを行うために、ホワイトホワイトで行っているホワイトニングの流れやポイントをご紹介しますね。

    ホワイトニングは最初のカウンセリングがとっても大切

    私のクリニック・ホワイトホワイトでは、ホワイトニング前のカウンセリングを特に綿密にします。いきなりホワイトニングを行うのではなく、ホワイトニングをする歯や口もとに異常がないかを診ること。これがとっても大事なんです。

    ホワイトニングに来る患者さんは、やっぱりせっかく時間を作って来たのだからちゃんとキレイにしたいと思う気持ちを持っていますね。

    カウンセリングを通過してホワイトニングの術式には入る前に、ちゃんとビフォーアフター用の口もとの写真を撮影します。効果をきちんと確認する作業も大事。もうひとつ、効果を確認する作業として歯の色の数値も測定します。

    歯の色の計測にはシェードアップナビという専用の測定器を使います。

    ホワイトニングに使用するシェードアップナビ

    シェードアップナビによって、歯の白さや明度を測定します。ビフォーアフターの数値を患者さんにもご提示し、ホワイトニング前後で歯の色がどれくらい白く、明るくなっているかを確認してもらいます。

    ホワイトニングでナチュラルな白さにしたい!オンナごころ♡

    そしてホワイトニング前の歯の色を測定したら、患者さんともう一度カウンセリングをします。ホワイトニング直前のカウンセリングでは、患者さんがどれくらいまで歯の色を白くしていきたいかというご希望もしっかりお聞きします。女性の患者さんに多いご希望が、「目立つ白さではなく、ナチュラルな白さにしたい」というものです。

    例を上げると、某有名な元野球選手や歯が真っ白で有名な芸能人のような色ではなく、好きな雑誌のナチュラルビューティーなモデルやナチュラルなイメージの女優さんのような白さにしたいという方が多いです。

    また、ご自身のお顔に対して不自然な白い色の歯にはしたくないという不安を打ち明けてくれる患者さんもいらっしゃいます。お顔から浮くぐらい歯を白くするのではなく、理想とするモデルさんや女優さんの自然な歯の白さに憧れる女性が多いと言えます。

    ホワイトニングで歯を白くする流れ

    ホワイトニングで歯を白くしたい

    歯のホワイトニングをスタートする前に行う大事なこと。それは、歯のクリーニングです。ホワイトホワイトでは、重曹パウダーと水と高圧の空気を噴射するエアフローというマシーンを使用してホワイトニングまえの歯の汚れを落とします。

    歯磨きでは落としきれないステイン汚れや、歯垢も徹底的に落とします。このクリーニングをしないと、これから行うホワイトニングの効果が半減してしまうんです。顔を例にしてみると、メイクを落としてない肌に美白美容液やクリームをベタベタ塗るようなイメージです。

    クリーニングは歯を白くするためにとっても重要

    せっかくの高価なクリームも、汚れたお肌には浸透しないですよね。それと同じ。私は、歯のクリーニングは歯のホワイトニングの術式の七割を占めるくらい大切な作業だと思っています。実際に時間もかけますね。

    この作業が終わると、患者さんの本来の歯の色が回復します。歯の表面のくすみが取れて、かなり明るい白さになるのでもう一度患者さんにミラーチェックしてもらいます。すると、患者さんの反応が大きく変化します。え?これ、まだホワイトニングしてないんですよね?というように。

    不安も解消されて本来の白い色に回復すると、今度はキレイになりたい気持ちがムクムクと膨らんでくるのが見て取れて、こちらも楽しくなってきます。

    ミラーチェックをして、いよいよここから一歩踏み出したオフィスホワイトニングがスタートです。本来の自分の歯の色から、さらにバージョンアップした歯の白さに向けてホワイトニングを開始します。

    いよいよホワイトニングをスタート!

    いよいよ本格的なオフィスホワイトニングの開始。私のクリニックのホワイトニングは、歯に過酸化水素をベースにしたジェルを歯に塗布し、レーザーやライト系の光は使用しません。

    レーザーを使用しないことで、温熱による歯への違和感を回避しながらも、ホワイトニングの効果を引き出すためにこの方法を選んでいます。約20分と短時間で完了するオフィスホワイトニングは、歯や患者さんへの負担が少ないので、や女性の患者さんから信頼できると嬉しいお言葉を頂いています。今の女性は毎日がとても忙しいので、安心感がありながら短時間で済むことも大切なんです。

    通常は、3回くらいオフィスホワイトニングに通っていただくと、最初の目標であるナチュラルなキレイな白さに歯が変わってきます。お家でできる、ホームホワイトニングもきちんと使ってコースも終了になります。が。ここでムクムク沸き起こるオンナごころ♡

    もっとホワイトニングで白くしたいと思うのがオンナごころ♡

    初診では、あまり浮き出るような白さではなくナチュラルな白い歯にしたい要望だった患者さんの心が、コース終了後にはもっと白くしたい!と変化すること。実は多いケースです。そこで、コースの回数変更やメニューの組み換えの要望を患者さんにお伝えすることが少なくありません。

    その裏には、やっぱり友人や家族に褒められたい、自分に自信が出てきたこと、口もとへの美意識が高くなり継続の意志が強くなったことなどなど、キレイになることへのためらいが消えて前進する強さを感じます。

    男性の患者さんに比べて、女性の患者さんの方がこの傾向が強いように思います。やはりオンナごころは複雑なものなのかもしれませんね♡

    意外!ホワイトニングで現れるオトコごころ♡

    ホワイトニングと白い歯の男性

    一方男性のホワイトニング。女性のようにナチュラルな…という感じではなく、どちらかというと最初からハッキリと白くしたいという要望が多いです。

    あまり目立たないようにとさりげなさにこだわるオンナごころとは違い、出来るだけ目立つくらいホワイトニングで白い歯に!というリクエストの多い男性患者さん。

    男性のホワイトニング来院数は3から4割と女性に比べてやや少なめなんですが、ホワイトニングへの期待感や白い歯願望が強いので女性の患者さんに比べて内容の濃いホワイトニング治療に進んでいくことも少なくありません。

    ひと昔前の男性の患者さんは、自発的に来られる方よりも家族から歯の色を指摘されてホワイトニングを受けるという、消極的な傾向の方が多かったのですが、今は違います。男性の患者さんがご自身で積極的に歯を白くしたいと訪れてくださいます。

    オトコも見た目が勝負の時代へ

    最近の男性の口もと周り。かなり変化の傾向があるなと感じます。まず、顎まわりのひげ。ここの部分のこだわり感は、強いですね。若いイケメン風からちょいワル風のオジサマまで、幅広いように思います。

    ひげだけでなく、男性もUVケアしたり爪をキチンとケアしたり、身だしなみからさらに進化して、女子と同じくらい美意識を感じる時代に変わってきているように感じます。お仕事のキャリアアップや、人前でのプレゼンテーションだけでなく、オトコも顔や見た目で勝負するという時代へと変化していますね。

    また、男性の場合、ホワイトニングといえども歯科の分野の治療ですから、恐怖心が女性よりも強い場合が多く最初は不安げでな方も多いです。でも、一度ホワイトニングを経験し恐怖心が取り除かれると、堰を切るように通院してくれますし、きちんとホワイトニングのメニューをこなしさらにランクアップして、セラミック治療や矯正治療に踏み切ったりとどんどんブラッシュアップされていくケースが多いです。

    このブラッシュアップのスピードは、女性よりも男性のほうが断然早いのも特徴ですね。最初びくびく…そのあとドーン!これがオトコごころ♡かな。

    まとめ

    ホワイトニングが世の中に普及されそのシェアが拡大していく上で、いまだに男女のホワイトニング比率は7対3で女子率が高いのも現状ですが、女性がキレイになっていくことを男性も意識する時代へと変わってきています。

    女性のナチュラルさを大切にする美意識は、やはり女性ならではの美への歴史を感じます。その一方で、一度決めたらガンガン行く男性ならではの積極的な美への意識にも興味深いものがあります。

    男性も歯を白くすることで、グローバルに活躍していったり、モテる・カッコいいと言われる美意識を培っていらっしゃるように感じます。

    ホワイトニング治療は、患者さまそれぞれのご希望に合った歯の白さに近づけていくことができる治療です。じっくりと歯の白さへのご希望を伺うところからスタートするホワイトホワイトにお気軽にご相談ください。

    また、当院ではホワイトニングについてより詳しく知っていただくためにホワイトニング専用サイトをご用意しております。ホワイトホワイトのホワイトニングについて詳しくは、ホワイトニング総合案内サイトをご確認ください。

    コメントを残す

    *